ホーム ニュース 信州大学学術研究・産学官連...

信州大学学術研究・産学官連携推進機構と協定締結式および記者会見を実施

176

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長CCO:井上 浄)は、信州大学学術研究・産学官連携推進機構(本部:長野県松本市/機構長:向 智里)と、研究者が持つ技術開発等の未活用の研究アイデアを集積するプラットフォームL-RAD( https://l-rad.net/ )に関し、積極的利用に向けた協定に調印し、記者会見を実施致しました。

L-RADを通じて未活用の研究アイデアを起点とした、研究者と企業とのコミュニケーションを加速することで、新たな研究プロジェクトの創出を目指します。

今後、株式会社リバネスは信州大学において、同大学に所属する研究者に対してL-RADの仕組みや利用方法に関する説明会を実施するなど、積極的な利用を働きかける活動を開始します。

【協定を締結した大学】

信州大学

左 信州大学学術研究・産学官連携推進機構 機構長 向 智里

右 株式会社リバネス 代表取締役社長CCO 井上 浄

 

 

 

【信州大学学術研究・産学官連携推進機構 向機構長のコメント】

信州大学は、大学のその強み・特色ある研究力を核とした「地域中核・特色ある研究大学」を目指しており、研究大学としての特色を強く押し出し、研究力をいかに高めていくか日々取り組んでいるところであります。今回協定を締結しました「L-RAD」では、大きなポテンシャルは持ってはいるがこれまで日の目をみなかったような研究やアイデアを拾い上げてもらう新しい仕組みとして、企業との接点が生まれることを期待しています。

 

掲載メディア(Web):信濃毎日新聞日刊工業新聞

リバネスでは、今後も大学等研究機関との連携を強化し、研究者の外部研究資金の獲得と研究推進、また企業が従来よりも早い段階で研究者と繋がりを持って共同研究を開始し、競争力を獲得できるようL-RADプラットフォームの拡充してまいります。

 

■本件に関するお問い合わせ

運営:株式会社リバネス

お問い合わせ先:研究開発事業部(担当:川名)

e-mail:[email protected]