オープンイノベーション・プラットフォーム
L-RADとは

「L-RAD(エルラド)」は、各種競争的研究資金に採択されなかった申請書など、研究者が持つ未活用アイデアを集積し、産業視点で再評価することによって、産業的利用性の高い、未活用アイデアを企業側が活用することを実現するWebソリューションです。

1608_L-RAD_scheme

研究者がL-RADに登録するメリット

研究予算がつかなかった未利用のアイデアについて企業の資金を獲得する機会を得る事が出来る可能性があります。

研究者のメリット

本ソリューションでは未活用アイデアの企業単位の閲覧権限管理を考慮したデータベースを開発、お互いが安心して“イノベーションの種”を提供・活用できるシステムを実現しています。

これまでの枠組みでは活用することが難しかったアイデアに光を当て、企業と研究者のオープンイノベーションを大いに加速し、科学技術による高い競争力を実現することを目指しています。

ご利用の流れ

アカウントを作るアカウントを作る

arrow_down2 申請書をアップロード申請書をアップロードする

arrow_down2 メールが届く会員企業から連絡が届く

登録・ログイン
L-RADの詳しいしくみを見る
L-RADの使い方を知る

L-RAD利用者の所属

獨協医科大学 東京農業大学 静岡大学 山梨英和大学 釧路工業高等専門学校
鈴鹿工業高等専門学校 東京電機大学 青森大学 山口大学 九州大学
琉球大学 東京大学 青山学院大学 山形大学 九州工業大学
立命館大学 東京工業大学 西南学院大学 三重大学 金沢大学
明治大学 東京工科大学 聖路加国際大学 札幌医大 近畿大学
明治学院大学 東京医科歯科大学 聖マリアンナ医科大学 札幌医科大学 京都府立医科大学
名古屋大学 東海大学 星薬科大学 埼玉工業大学 京都大学
名古屋工業大学 島根大学 星美学園短期大学 埼玉県立大学 京都工芸繊維大学
麻布大学 電気通信大学 成蹊大学 埼玉医科大学 岐阜薬科大学
北里大学 帝京平成大学 神奈川歯科大学 佐賀大学 岐阜大学
北海道大学 帝京短期大学 神奈川工科大学 国立病院機構東京医療センター(臨床研究センター) 岐阜医療科学大学
防衛医科大学校 帝京大学 神奈川県立がんセンター 国立病院機構大阪医療センター 岩手大学
法政大学 鶴見大学 神戸大学 国立病院機構 名古屋医療センター 岩手医科大学
兵庫県立大学 鳥取大学 森ノ宮医療大学 国立長寿医療研究センター 関西大学
文教大学 長崎大学 新潟大学 国立障害者リハビリテーションセンター 関西医療大学
福山大学 中部大学 新潟医療福祉大学 国立研究開発法人理化学研究所 関西医科大学
富山大学 中央大学 信州大学 国立研究開発法人産業技術総合研究所 科学技術振興機構
日本薬科大学 筑波大学 城西大学 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 岡山大学
日本大学 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 上智大学 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 横浜市立大学
日本獣医生命科学大学 第一工業大学 上越教育大学 国立遺伝学研究所 横浜国立大学
日本工業大学 大和大学 昭和大学 高知大学 宇都宮大学
日本医科大学 大分大学 昭和女子大学 高知工科大学 茨城大学
奈良大学 大分県立芸術文化短期大学 小山工業高等専門学校 高崎健康福祉大学 杏林大学
奈良先端科学技術大学院大学 大島商船高等専門学校 順天堂大学 高エネルギー加速器研究機構 旭川工業高等専門学校
奈良先端科学技術大学 大阪府立大学 秋田県立大学 香川大学 愛媛大学
徳島大学 大阪大学 首都大学東京 弘前大学 愛知工科大学
同志社女子大学 大阪学院大学 室蘭工業大学 広島大学 University of Helsinki
藤田保健衛生大学 早稲田大学 自然科学研究機構 工学院大学 University of Geneva
東北大学 千葉大学 自治医科大学 公立はこだて未来大学 University of Delaware
東北女子大学 千葉工業大学 滋賀県立大学 虎の門病院 University of British Columbia
東北工業大学 千葉県立保健医療大学 滋賀県立成人病センター研究所 慶應義塾大学 University of Birmingham
東京理科大学 千葉県がんセンター研究所 滋賀医科大学 群馬大学 Harvard University
東京薬科大学 石川工業高等専門学校 四国大学 熊本大学 Harvard medical school
東京農工大学 石川県立大学 山梨大学 熊本高等専門学校

運営者

リバネス

独自の研究プラットフォームにより研究者のアイデアを集積し、企業が活用しやすい形で情報を提供するサービスを開始します。産学連携の課題改善、知的財産の更なる活用、産学両側の人材育成、イノベーション創出の実現等を見据えたサービスを拡充し、L-RADが研究開発において必要不可欠なサービスとなるべく成長させる役割を担います。

株式会社池田理化

幅広い研究機関とのネットワークを活かし本データベースの拡充を図るとともに、企業研究開発部門とのネットワークを活用して、新たな事業価値創造に貢献します。

ジー・サーチ

ジー・サーチはL-RAD事業を通じて、研究者ソーシャルプラットフォーム「コラボリー(COLABORY)」の研究者基盤を強化、研究者を対象とした共通プラットフォームとしての展開を加速させるとともに、利便性の高いサービスの構築を通じて本事業の拡大に貢献してまいります。