ホーム ニュース 岐阜医療科学大学とL-RA...

岐阜医療科学大学とL-RAD連携に関する協定締結発表および記者会見を実施

18

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長COO:高橋修一郎)は、岐阜医療科学大学(本部:岐阜県関市/学長:山岡 一清)と、研究者が持つ技術開発等の未活用の研究アイデアを集積するプラットフォームL-RAD( https://l-rad.net/ )の積極的利用に向けた協定を締結し、記者会見を実施致しました。

 

L-RADを通じて未活用の研究アイデアを起点とした、研究者と企業とのコミュニケーションを加速することで、新たな研究プロジェクトの創出を目指します。

 

今後、株式会社リバネスは岐阜医療科学大学において、同大学に所属する研究者に対してL-RADの仕組みや利用方法に関する説明会を実施するなど、積極的な利用を働きかける活動を開始します。

 

【協定を締結した大学】

岐阜医療科学大学

左 岐阜医療科学大学 学長 山岡 一清

右 株式会社リバネス 執行役員 高橋 宏之

 

【岐阜医療科学大学 山岡 一清 学長のコメント】

令和5年に本学は創立50周年を迎えました。保健科学部、看護学部、薬学部、助産学専攻科、大学院を有する岐阜県唯一の医療総合大学として、人間性教育を重視した医療技術者の育成を通して地域医療に貢献してまいりました。

今般、株式会社リバネスと研究者が持つ技術開発等の未活用の研究アイデアを活性化させるプラットフォームにおいて協定を締結しました。この連携により本学での研究がより一層活性化され、その研究が学生教育、ひいては医療業界全体に貢献できる日が来ることを望んでおります。

 

掲載メディア(Web):中日新聞

 

リバネスでは、今後も大学等研究機関との連携を強化し、研究者の外部研究資金の獲得と研究推進、また企業が従来よりも早い段階で研究者と繋がりを持って共同研究を開始し、競争力を獲得できるようL-RADプラットフォームの拡充してまいります。